セラピーとの出会い


今から20数年前に母が亡くなったのが直接のきっかけでした。

病気になる人、ならない人、幸せ続きの人、そうじゃない人、
心配ごとのまるでない人、そうじゃない人 ・ ・

そんな人生のからくりをどうしても知りたかった。

その答えが世界中のどこかにあると信じて、

一人フィリピンに心霊治療を受けにも行きました。

シンガポールでは仕事の傍ら、ジプシーのおばあさんについて

星のことやら、それが及ぼす事象について勉強したり、

また中国本土でも探しました。

世界のどこかに、生命の真理を知っている人がいるのではないか、と
いう思いで。

それからシンガポールでセラピーに出会いました。

自分の誕生日に、試しに受けてみたところ、 それは驚きの連続でした。

私にセラピーを教えてくれたのは、捨てたはずの日本からやってきてくれた

八ヶ岳セラピールームの淡路紀世子さんでした。

それは、自分で自分に取り組むというものです。それも今までと全く
違う角度から。

セラピーを体験して、勉強して、私はこれを伝えたいと思いました。

真理を探して、いろいろな場所に行って、最後に自分の中に戻って
来た一人として。

この方法を使って、是非自分に取り組んでもらえれば、と思います。

自分という生命体は、実はいろんなことを知っているのですから。



top